技工物の院内セミナー|市川市妙典駅南口から近い評判の歯医者・歯科|マミー歯科クリニック

日本歯科大学 非常勤講師

日本小児歯科学会 専門医

千葉県歯科医師会加盟

市川市歯科医師会加盟

無痛治療

お問い合わせ・ご相談

047-397-6480

千葉県市川市妙典4-3-17(妙典駅徒歩2分)

市川市歯科検診対応 各種専門医外来

技工物の院内セミナー

投稿日:2017年8月2日

カテゴリ:院長ブログ

今回マミー歯科クリニックでは、普段お付き合い頂いている技工所(今回は三和デンタル)に院内セミナーをお願いしました。

技工所とは歯科医院で型などを取り、模型上で白い歯や銀歯、入れ歯などの技工物を製作してくれるところです。

その技工所に所属している技工士さん(模型上で歯を作る職人さん)をマミー歯科クリニックにお呼びしてセミナーを行なって頂きました。

内容は技工物がどの様な工程で制作されているのか、各被せ物や入れ歯(保険・保険外)についての特徴、新たな材料による製作物のメリット・デメリットなどについてお話して頂きました。

実際に歯科医院で勤務しているスタッフも被せ物の種類などには詳しいですが、製作工程や材質上の適応症などに関しては理解度に個人差があったため、スタッフ全員が同じ知識を共有する良い機会となりました。

1時間ほどの講義でしたが普段疑問に思っていることや新しい材料において、使用される患者さんのメリットなどについてなど、スタッフからも積極的に質問が出るなど充実した講義となりました。

  

スタッフが一番興味をひかれていたのは意外にも入れ歯でした。

最近は通常の銀色のワイヤーではなく、保険外となりますがワイヤーが目立たない入れ歯が主流となってきています。

以前はノンクラスプ(ワイヤー無し)デンチャーと呼ばれていましたが、最近は学会などでもノンメタル(金属無し)デンチャーと呼び方が統一されてきたようです。

通常の保険義歯と比べた患者さんの使用感としては、土台となる歯の覆う面積が広いため、ワイヤー付近に食べ物が詰まりにくく、全体的な密着度が高いそうです。

入れ歯に関しては材質、ワイヤーの種類、形態など選択肢も多く複雑ですので、入れ歯でお困りの方は是非お気軽にご相談ください。

 

マミー歯科クリニック  副院長 萩原広明

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る