小児歯科・小児矯正|市川市妙典駅南口から近い評判の歯医者・歯科|マミー歯科クリニック

日本歯科大学 非常勤講師

日本小児歯科学会 専門医

千葉県歯科医師会加盟

市川市歯科医師会加盟

無痛治療

お問い合わせ・ご相談

047-397-6480

千葉県市川市妙典4-3-17(妙典駅徒歩2分)

市川市歯科検診対応 各種専門医外来

小児歯科・小児矯正

マミー歯科クリニックの小児矯正・小児歯科

小児矯正・小児歯科

お子さまの歯科治療や歯列矯正で、成人の方の場合と区別して考えなければならないのは、「より将来のことを見据えた治療やご提案を行なうこと」です。まだ発達段階にあるお子さまですので、今のお口環境だけでなく、これからの歯の動き、顎の状態をも想定したアプローチが必要になってきます。当院がどのような形で子どもたちのお口環境と向かい合っているのか、その特徴をご案内します。

子どもたちには、歯医者さんを好きになってもらうことが大切です

歯医者さんを好きになる

虫歯の治療で患部を削り、そこにつめ物や被せ物をするのは成人の方の歯の治療と大差はありません。しかしながら、子どもたちの治療の場合には、治療を始める前やその過程で、子どもたちに合わせたアプローチをしていく必要があります。当院は、次のような4つの工夫を取り入れながら、お子さまの歯の治療をスムーズなものにしています。

① まず、子どもたちの緊張をほぐします

お子さまの緊張緩和

強い痛みが生じているような場合を除き、当院は初めてのお子さまにすぐに治療を実施しません。初めて見た人に歯を治療されることは、私たちが想像する以上に子どもたちに恐怖感を与えます。まず、歯の治療器具や模型などを触ってもらい、会話などを通してお子さまの緊張がほぐれるようにしています。

② 子どもにもわかる治療内容のご案内

お子さま目線の治療説明

大人同士のやりとりだけで治療内容の説明を終わらせてしまうと、お子さまは治療に前向きになってくれません。当院では、お子さまに対してもわかりやすい簡単な説明を心掛け、虫歯をそのままにしておくとどうなるのか、だから今から何をどうするのかをご案内し、歯の大切さに気付けるようなアプローチを心掛けています。

③ 保護者同席での治療実施

親御さん同席での治療

当院では、お子さまの治療時に保護者の方にも同席してもらうようにしています。保護者の方がそばにおられることで、お子さまの安心感が異なってきますし、お子さまがどのような治療を受けているのか保護者の目で確認することもできます。また治療への参加意識が、ご家庭でのホームケアにもプラスの効果をもたらします。

④ 「咬合誘導(アゴの発育)」のご提案

咬合誘導

お子さまの歯は絶えず生え変わり、顎の成長とともに常に動いています。このため、顎の成長を事前に予測し、床矯正装置で顎のサイズや位置を適切なものに誘導することをオススメしています。これは「咬合誘導(こうごうゆうどう)」と呼ばれ、お子さまの成長する力を最大限に活かして、顎と歯並びの調和をサポートするものです。

お子さまの歯の矯正をお考えの場合、呼吸面も意識しましょう!

呼吸も意識

市川市妙典近郊にお住まいで、小児矯正歯科をお探しの場合は、ぜひこちらの項目を丁寧にご確認ください。小児矯正では、一見「歯並び」だけに目が向けられますが、実は歯並びは「顎の発育」や「呼吸」とも大きなつながりがあります。矯正治療のあり方によって、呼吸面の改善も含めた治療が行えますので、喘息やアレルギー症状、鼻炎や他動的傾向(集中力の散漫傾向)を改善できる場合もあります。

未発達の顎骨や位置ズレ ⇒ 不十分な呼吸

未発達の顎骨や位置ズレ近年、食の欧米化の影響を受け、本来発達すべき顎骨が未発達で、顎骨の位置がヅレているお子さまが増えてきています。上顎が小さかったり、ズレてしまっていると、鼻腔と呼ばれる鼻の中の空気の通り道が狭くなってしまい、呼吸がしづらくなります。

下顎の場合には、歯の収まるスペースが確保されず、歯並びが悪くなります。同時に、舌の位置が喉の奥の方へと押しやられることで、気道も圧迫されてしまいます。このような影響で口呼吸が常態化すると、発育面、体質面、情緒面でも悪影響が出てしまいます。

不十分な呼吸 ⇒ 学力低下、情緒不安、免疫力の低下

不十分な呼吸子どもが健やかな成長を遂げるためには、安定した睡眠が必要不可欠です。睡眠時には成長ホルモンが分泌されますが、睡眠時の呼吸が不安定な状態だと、脳も本来通り発育できず、学力低下に陥りやすくなります。起きている時にも、呼吸がしにくい場合、姿勢が悪くなり、情緒面で不安定な傾向が生まれます。口呼吸の常態化は、この他にも免疫力の低下、アレルギー、鼻炎にもつながっていきます。このため、呼吸のあり方にも配慮した歯列矯正が、小児矯正で非常に重要になってきます。

顎骨の調整で呼吸改善=歯並びも整います

子どもの上顎(中顔面・上顎骨複合体)の大きさと位置取りが適切に整うと、呼吸はスムーズになり、脳も正常な発育を遂げ、お子さまが本来持つ能力を発揮できるようになります。

また、舌が本来ある位置に収まり、口腔周囲筋が正しく発育し、顎関節の可動域も広がっていきます。

このような結果、歯の収まるスペースもできてきますので、自然と歯並びが整っていきます。

マミー歯科クリニック式「コンビネーション小児矯正治療法」

コンビネーション小児矯正治療法

当院では、お子さまの矯正治療を行なう場合、基本的に「ワイヤー」と「拡大床」の両方を併せた小児矯正を実施しています。というのも、ワイヤーだけの矯正では、歯磨きが行いにくく、虫歯になるリスクが高まってしまいます。また拡大床のみに頼ってしまうと、高額な費用負担が生じるほか、顎骨の幅調整に大きな力が加わるため、お子さまの身体的な負担を生んでしまいます。よって、双方のデメリットを補う形で「コンビネーション小児矯正治療法」を取り入れ、経済的にも身体的にも負担を少なくし、十分な矯正力が確保される治療を実施しています。

拡大床矯正装置

拡大床矯正装置

容易に取り外せる矯正装置で、歯磨きなどでも制約を受けないため、磨き残しなどによる虫歯リスクを抑えられます。

ワイヤー

ワイヤー

歯の表面にワイヤーをかけることで、そこに適切な力が加えられ、顎骨の成長が誘導されていきます。

マウスピース(ムーシールド)

マウスピース

おやすみになる時にお付けいただく矯正装置です。受け口の改善に利用されることが多いものです。

マミー歯科クリニックは妊娠や出産予定の女性もサポートしています

女性のサポート当院は、今子育てをなさっている親御さまだけでなく、これから妊娠や出産のご予定がある女性に対しても、事前にお口環境を整えていただけるよう、全力でサポートさせていただいております。

成人日本人の80%が歯周病に罹っていると言われていますが、自覚症状が出にくいため、歯周病に気づかないまま妊娠から出産へと向かうママさんもおられます。

歯周病菌が歯茎の血管から体内を巡ってしまうと、早産や低体重児出産などのリスクが高まってしまうことから、これから妊娠や出産のご予定がある場合につきましては、ぜひ歯周病の完治をめざしていただければと思います。

市川市妙典にお住まいで、小児矯正や小児歯科をお探しの親御さまへ

小児矯正や小児歯科をお探しの方

ご覧いただきましたように、マミー歯科クリニックでは、お子さまの歯の治療から歯の矯正まで、お子さまの未来を見据えた正しい歯科治療をご提供しています。市川市妙典近郊にお住まいの方で、お子さまの歯の治療や歯の矯正を考えておられる親御さまは、ぜひお気軽に当院へお越しください。お子さまが歯医者嫌いにならないように、丁寧にサポートしながら、歯の治療や歯列矯正を行なわせていただきます。

トップへ戻る