痛くない親知らずの抜歯|市川市妙典駅南口から近い評判の歯医者・歯科|マミー歯科クリニック

日本歯科大学 非常勤講師

日本小児歯科学会 専門医

千葉県歯科医師会加盟

市川市歯科医師会加盟

無痛治療

お問い合わせ・ご相談

047-397-6480

千葉県市川市妙典4-3-17(妙典駅徒歩2分)

市川市歯科検診対応 各種専門医外来

痛くない親知らずの抜歯

親知らずは、必ずしも抜くべきとは限りません!

痛くない親知らずの抜歯

昔から、親知らずは早めに抜いておくに越したことはないと考えられてきましたが、現在では、自分の親知らずをうまく活用する術も見い出されてきています。このため、「悪影響を及ぼさない状態の親知らずについては、残しておいた方が良い」というのが一般的な考え方です。また、親知らずは抜く時に痛いというような考えも広く信じられていますが、これもあまり正確な情報とは言えません。現在の親知らずへの対処やその治療方法などについて、こちらのページでご説明いたします。

親知らずは、将来「再利用」できる可能性があります

将来的な移植の可能性

親知らずを残しておくと、将来お口環境で何かしらの変化が生じた際に、親知らずを活用して対処できる場合があります。次のようなケースを考慮すると、安易に親知らずを抜いてしまうのはもったいないという結論に至ります。

上記のような場合には、ご自分の歯を活用し、お体の影響が最も少ない噛み合わせの復元が可能となります。このように、親知らずには「移植」や「再利用」という可能性があることも覚えておくと良いでしょう。

親知らずの移植には条件もあります

親知らずがお口の中に残っているからといって、必ずそれを移植できるとは限りません。親知らずの歯の根っこの形や大きさ、移植先の部位などの情報を集め、医師の目で移植可能かどうかが判断されます。まず一度ご来院いただき、親知らずの診察をお受けください。

次のような例では、親知らずを抜くことをオススメしています

親知らずは抜くべき

親知らずが少しだけ見えていて、それ以上表面に出てきそうにない時

親知らずが横向きや斜めに生えているような場合、歯の一部しか表面に見えていないことが一般的です。このような場合は、親知らずのブラッシングも行ないにくく、虫歯や歯周病リスクを高めてしまいます。早めに抜いてしまい、不要なリスクを取り除きましょう。

横向きの親知らずが手前の歯を押しているような時

同様に横向きの親知らずや、斜めに向かって親知らずが生えている場合、親知らずが手前の歯を強く押してしまうケースが多くなります。痛みがある場合、ない場合とありますが、いずれの時も将来的な歯並びに悪影響を及ぼしますので、抜歯をオススメします。

親知らず周辺に膿の固まりが見られる時

親知らずを診察している段階で、レントゲン写真を確認すると、親知らず周辺に嚢胞(のうほう)と呼ばれる膿の固まりが写っていることがあります。後々、親知らずの動き次第で悪影響を及ぼす可能性がありますので、抜歯しておく方が良いでしょう。

噛み合わせが悪い状態で、粘膜などを傷つける可能性がある時

親知らずが嚙み合っていないことは少なくありませんが、噛み合わない親知らずは時に歯茎や粘膜を傷つけてしまうこともあります。また、嚙み合わないまま成長を続けてしまうと、顎関節症などのリスクも出てしまいます。このような場合は、抜歯が適切です。

親知らずが重度の虫歯や歯周病に侵されている時

親知らずは一番奥に生えるため、ケアが難しく虫歯や歯周病になってしまうケースも少なくありません。このように既に虫歯や歯周病にひどく侵されている親知らずについては、わざわざそれを温存する必要もなく、抜歯してしまう方が適切です。

親知らずの「抜く時の痛み」と「抜いた後の痛み」

親知らずの抜歯の痛み

親知らずの抜歯は、通常麻酔をかけて行ないますので、「抜く時の痛み」については、ほとんど心配される必要はないでしょう。親知らずの抜歯で痛みが出るのは、どちらかと言うと抜歯後、麻酔が切れてきた後に感じる「抜いた後の痛み」です。これは、生えていた親知らずの常態からくる「抜いた後の穴の大きさ」とも関係があります。事後に感じる痛みについては、痛みを軽減する処置もありますので、ご安心ください。

抜歯完了までの時間と生じる痛みとの関係??

時間と痛みの関係性親知らずを抜いた後の痛みは、抜く時間に比例して大きくなるとも言われます。これは、抜歯しにくい状態の親知らずであれば、抜くまでに時間がかかり、穴も大きくなりやすいために、痛みを生じやすくなるという意味です。

当院では、歯科用CTやレントゲンなどを使用し、事前に詳細な抜歯シミュレーションを行なうことで、無理のない最短距離での抜歯を実現しています。どうぞ安心してお任せください。

ドライソケットという痛みへの注意と対処法

ドライソケットドライソケットとは、通常抜歯後、抜いた穴部分に血餅ができて骨の露出が抑えらえるべきところ、何かしらの原因でそれが外れてしまい、骨がむき出しとなって強烈な痛みを生じるものです。

ドライソケットを防止するためにも、うがいを強くしすぎないことや、食事の際の注意点など、しっかりと医師の言葉に耳を傾けてください。また、事前の予防処置として、抜歯後の穴部分に人工コラーゲンを重鎮する処置も行なえますので、ご希望の場合はご相談ください。

親知らずを抜くことで小顔になれますか?

小顔効果

女性の方から「親知らずを抜くと小顔になれますか?」と質問されることがあります。例えば下顎の親知らずは、いわゆる顎のエラ部分に存在しているため、これを抜くことで骨が吸収され、理論的には少しばかりエラ部分が薄くなります。ただし、見た目にはっきりとわかるような効果まではなく、一本の歯はそこまで大きな影響力を持っていません。結果として少し薄く感じられることになれば、むしろラッキーだったと考える方が自然です。このため、小顔効果を狙って親知らずを抜くというような判断は、適切ではないとお伝えしています。

市川市妙典で痛くない親知らずの抜歯をご検討の方へ

痛くない親知らずの抜歯

ご説明させていただきました通り、親知らずは必ずしも抜くべきものとは限りませんが、既に痛みが出ている場合や、抜いてしまって虫歯リスクなどを取り除いた方が良い場合もあります。これらの判断も含め、マミー歯科クリニックでは、個々の患者さまのお口状態を適切に診察させていただきますので、親知らずについての疑問やご相談事をお持ちの場合、ぜひお気軽に当院へご相談ください。

トップへ戻る